くらし情報『デヴィ夫人、シャーリー・マクレーンとは10代からの知り合いと告白』

2015年1月22日 20:45

デヴィ夫人、シャーリー・マクレーンとは10代からの知り合いと告白

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


タレントのデヴィ夫人が1月22日(木)に行なわれた映画『トレヴィの泉で二度目の恋を』のトークイベントに出席し、シニアになってからの恋についての指南を行なった。

シャーリー・マクレーンクリストファー・プラマー主演の本作。妻を亡くして意気消沈していたフレッドは、娘のすすめでアパートを引っ越すことに。転居先の隣室には映画『甘い生活』のマストロヤンニとアニタ・エクバーグのようにトレヴィの泉に行くことを夢見る魅力的だが少し変わったエルサが住んでいた。徐々に2人は惹かれ合うようになるが、彼女が病に侵されていることが分かり…。

デヴィ夫人は「最近、こんなに感激した映画ってなかったです」と絶賛。「笑って笑って涙を流して…、普通のシニアのロマンスと全然違う!奇想天外で(フレッドとエルサの)2人のキャラクターもかつてない!」と惜しみない称賛を送る。

実は、デヴィ夫人は半世紀以上前、18歳の頃からシャーリー・マクレーンと知り合いだという。デヴィ夫人がインドネシアのスカルノ大統領の元に嫁ぐ以前「アメリカ人のボーイフレンドがいた(笑)」とのことで、彼とシャーリー・マクレーンの夫である映画プロデューサーが知り合いで、当時、彼女は夫と共に何度も日本を訪れており「4人でよくダンスしました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.