くらし情報『宮沢りえ主演『紙の月』BD&DVD化が決定! 吉田大八監督のコメントも到着』

2015年2月27日 12:15

宮沢りえ主演『紙の月』BD&DVD化が決定! 吉田大八監督のコメントも到着

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


興収10億円に迫る大ヒットを記録した宮沢りえ主演のサスペンス大作『紙の月』が、5月20日(水)にBD&DVD発売が決定!これを記念して吉田大八監督のコメントも到着した。

同作は日本を代表するトップ女優として舞台・映画・テレビと八面六臂の活躍を見せる宮沢りえが、『オリヲン座からの招待状』(07)以来、7年ぶりの映画主演を務めた渾身作。出来心で顧客の預金を横領してしまい、破滅へと突き進んでいく銀行の契約社員・梅澤梨花の心の機微を繊細かつ大胆に表現し、2014年の邦画映画賞を最多29冠獲得した話題作だ。

監督は、「『紙の月』で主演をお願いした宮沢りえさんは、本当は、あの役を演じるには美人のイメージが強かったかもしれない。でも、だからこそ想像がつかなかった。それが面白いと思ったんです。製作中も、場面ごとに、まったく違う顔を魅せる宮沢さんの演技にゾクゾクしっぱなしでした」とコメント。“最も美しい横領犯”のコピーも注目を集めた。

また「この度5月20日に発売が決定したDVD&ブルーレイ本編ディスクには宮沢りえさんとわたしによる音声コメンタリーも収録されますので、ぜひご自宅でもヒロインの表情の変遷を楽しんでください」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.