くらし情報『三浦貴大「おかあさんが京香さんで良かった!」 鈴木京香と親子役で共演』

2015年5月28日 20:10

三浦貴大「おかあさんが京香さんで良かった!」 鈴木京香と親子役で共演

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


教材としても長年愛される同名児童文学を原作に、戦争で引き離された母と息子たちの愛を描いた『おかあさんの木』の完成披露試写会が5月28日(木)、都内で行われ、主演を務める鈴木京香、共演する三浦貴大、田辺誠一、磯村一路監督が出席した。

息子を戦地へ送り出すたびに、桐の木を1本ずつ庭に植え、帰還を待ち続ける“おかあさん”の姿を描く本作。鈴木さんは7人の息子をもつ母親・ミツを演じ、「台本をめくるたび、胸がいっぱいになる。役作りは難しいかと思ったが、息子たちを前にすると、自然と母親の気持ちになれた。こんな力強く優しい女性を演じられて、ありがたい」と感無量の面持ちだった。

一方、青年期の次男を演じる三浦さんも「おかあさんが京香さんで良かったです。戦地に行く気持ちを想像できずにいたが、現場で京香さんが母親として立っていてくれて、自然と家族と別れる気持ちがわかった」と共演によって引き出された感情を語った。

田辺さんが演じるのは、ミツの亡き夫の同僚で、家族を見守る郵便局員という役どころ。「京香さんのおかあさん像が、日本人のDNAに刻まれた母親像と一致していて、思いがヒシヒシ伝わった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.