くらし情報『ヒーローはくたびれた中年オタク!?『ピクセル』主要キャストの場面写真到着』

2015年8月14日 16:30

ヒーローはくたびれた中年オタク!?『ピクセル』主要キャストの場面写真到着

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


全米を皮切りに全世界74か国で公開され、世界興収が1億ドルを突破した映画『ピクセル』。日本語吹き替え版には柳沢慎吾渡辺直美の起用が発表され、日本でも公開前から注目が集まる本作から、とても地球を救うヒーローには見えない(?)主要キャスト5人の場面写真が到着した。

NASAが宇宙へ向け、“友好メッセージ”を送ってから33年。サム・ブレナー(アダム・サンドラー)とウィル・クーパー(ケヴィン・ジェームズ)は昔と変わらぬ友情で結ばれていたが、サムは妻に逃げられ、人生くたびれ気味。一方、大統領になったウィルはほとんど公約を果たせず、失策続き。立場は異なるが、お互いに崖っぷち感が否めない。そんな中、グアムの空軍基地が“何か”に襲われ、ボロボロとキューブ状に崩壊させられてしまう。その映像を見たウィルは、その“侵略者たち”があるゲームに似ていることに気づく。かつてゲームの世界チャンピオンだったサムも、ひと目見ただけで「ギャラガ」と見抜くが、ホワイトハウスの官僚たちには相手にされない。

落胆した帰り道、ラドロー・レイモンソフ(ジョシュ・ギャッド)と偶然の再会を果たすサム。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.