くらし情報『【美的アジア】カン・ドンウォンに16歳の息子がいた!? 等身大の父親を演じ新境地を開拓』

2015年8月28日 21:00

【美的アジア】カン・ドンウォンに16歳の息子がいた!? 等身大の父親を演じ新境地を開拓

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


ウォンビンにペ・ヨンジュンの結婚、ソン・スンホンの熱愛発覚…と第1次韓流スター達のおめでたいニュースが次々と飛び込んでくる最近の韓国芸能界。そんな中、私たちの「最後の砦」(!?)カン・ドンウォンが新作を届けてくれました!今週末公開『世界で一番いとしい君へ』。本作では実生活よりも先に「結婚、子育て」と初の“父親”役に挑戦。また高校生の制服姿も披露しています。

テコンドー選手を目指していた高校生のデス(カン・ドンウォン)とアイドルを夢見ていたミラ(ソン・へギョ)は運命的に出会い、17歳で妊娠、結婚。33歳になったデスとミラは、成長が急速に進む先天性早老症のため16歳でありながら身体年齢が80歳の息子アルムと共にお互いを支えあって暮らしていた――。

予期せぬ妊娠に慌てふためく制服姿のカン・ドンウォンの、オンザ眉毛におかしなヘアカラー姿はなんとも斬新。悪ガキでカッとなったら向こうみずの、“あの頃”の少年をナチュラルに演じています。(制服ですらスタイリッシュに見えてしまうのはさすがモデル出身。同じ人間とは思えない足の長さにため息です)。また、“脱ぎ”イメージのない、カン・ドンウォンの上半身裸のお宝ショットも見られます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.