くらし情報『中村蒼、テレビ男の役に「軽くパニックを起こしました」と心境を吐露』

2015年12月6日 13:06

中村蒼、テレビ男の役に「軽くパニックを起こしました」と心境を吐露

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


奇想天外なファンタジック・ラブコメディ『春子超常現象研究所』が公開された12月5日(土)に、シネ・リーブル池袋で舞台挨拶が行われ、出演した中村蒼野崎萌香と竹葉リサ監督が登壇した。

『春子超常現象研究所』は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014で最高賞、シネガーアワードを受賞した注目作。ある日、突然心と体を持ってしまったテレビ男と、そのテレビの持ち主・春子の関係を描く、コメディー要素たっぷりの異色の純愛ムービー。

これまで、いわゆる正統派イケメン役のイメージが強かった中村さんだが、今回はまさかのテレビ男役。第一印象について、中村さんは「軽くパニックをおこしました(笑)。見た目は普通かなと思ったんですけど、TVをかぶると聞いて、想像がつかなかったですね。TVをかぶっての芝居は結構大変なんですよ」と、撮影を振り返って苦笑い。

共演陣には青木さやかブラザートム池田鉄洋斎藤工小日向文世と、豪華な名前が並んでいる。中村さんは、特に小日向さんとの共演が印象深かったという。「この作品に何で出演されるのかを聞いたときに、大人数で撮影している作品ではないですが、『昔、自分も仲間で映画を作ってやってた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.