くらし情報『【シネマモード】P・ボグダノヴィッチ監督が手掛けるチャーミングなドタバタ劇『マイ・ファニー・レディ』』

2015年12月17日 21:40

【シネマモード】P・ボグダノヴィッチ監督が手掛けるチャーミングなドタバタ劇『マイ・ファニー・レディ』

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


こんなドタバタ劇、あるわけない!と思っても、小粋でリアリティ溢れる会話に笑えれば、思い切り楽しめるのがラブ・コメディ。キャラクターが信じられないほど極端な性格でも、憎めないくらいチャーミングなら、ありえなくてもつい許しちゃう、そんな気分になりませんか?

名匠ピーター・ボグダノヴィッチの新作『マイ・ファニー・レディ』は、曲者揃いの登場人物たちが、入り組んだ複雑かつやっかいな人間関係の中から、幸せを見つけ出す物語。リアルな設定の物語ではないけれど、リアリティ溢れる感情にきっと共感できるストーリーです。

ヒロインは、若手ハリウッド女優のイジー。かつて高級コールガールだったこともあっけらかんと告白しちゃう、裏表のない性格です。そんな彼女が女優として成功したきっかけとなったのが、自分でコールガールを部屋に呼んでおきながら、イジーに「仕事をやめるなら、3万ドルをあげる」と言った演出家のアーノルドとの出会い。二人が出会ったことから、人間関係がぐぐっと入り組み始めます。イジーが前職を辞し、初めて得たのが偶然にもアーノルド演出の舞台作品。その作品の脚本家ジョシュアがイジーを女性として気に入り、イジーの元顧客の老判事は彼女に固執しストーキング、さらに老判事とイジーのセラピストがジェーンという同一人物で、さらにジェーンはジョシュアの彼女だったり…と、もう複雑すぎ!どこかとぼけた彼らが、話をどんどん面倒にしていくのですが、これが最後には上手く収まるところに収まるところが、やはり名匠の腕の見せ所なのでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.