くらし情報『【インタビュー】アリエル・ホームズ、映画のように生きて…『神様なんかくそくらえ』』

2015年12月25日 17:30

【インタビュー】アリエル・ホームズ、映画のように生きて…『神様なんかくそくらえ』

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


『神様なんかくそくらえ』というタイトル、それに劣らぬ大きなインパクトをもたらすのは、ポスターにも大きく映し出されたヒロイン、アリエル・ホームズの美しさだ。

2014年東京国際映画祭においてグランプリを受賞し、監督のジュシュア&ベニー・サフディが最優秀監督賞に輝いた本作。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督は「これこそ真の映画だ!」と本作を絶賛し、その挑戦的なタイトルと衝撃的な内容は、世界中の映画祭で賛否を巻き起こした。

ニューヨークのストリートで暮らす青年たちの日常を、徹底したリアリティで描いた本作は、アリエル・ホームズの実体験に基づいて制作されている。その美しさからは想像もできない路上での生活、自殺企図とドラッグへの依存ー22歳の新星アリエル・ホームズとはいったい何者なのか、その魅力に迫った。

監督から、自伝の執筆を依頼されたアリエルは、ニューヨーク中のアップルストアを廻って手記「マッド・ラブ・イン・ニューヨークシティ」を書き上げる。ホームレスであった彼女にとっては、ニューヨーク中が執筆場所になったのだ。路上での生活から一転し、女優としてインタビューを受けているこの現状について尋ねると、自身の人生は“映画のようだ”と明かす。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.