くらし情報『満島ひかり、有村架純の“亡き母”役で月9「いつ恋」に登場!』

2016年2月15日 06:00

満島ひかり、有村架純の“亡き母”役で月9「いつ恋」に登場!

「第6話で、いよいよその満島さん演じる音のお母さんに映像でも出演してもらいます。母への思い、そして母から受け取った思いを胸に抱いて生きてきた音にとって、その母がこの世を去った年齢に自分自身がなったということは、とても大きな意味をもちます。そのときを迎えた音が思い出す記憶の中で、満島さん演じるお母さんは、この回から始まる第二章における音の恋の行方を占う重要な言葉を口にします。幼い音が発する『恋ってなに?』という質問に対して、彼女が伝える答え。それが、ここから始まる第二章の行方を暗示しています。それは、満島さんに演じてもらえたからこそ、伝えられる重要な言葉です」と村瀬氏は語る。

27歳になり、母が生きた人生のその先を生きる音は、これからどんな恋をするのか。第3話で音は練(高良さん)に思い余ってキス、第4話で練は音に好きという気持ちを告白しながらも、その思いを諦めなければならないと語り、木穂子(高畑さん)のもとに向かった。そして第5話、音と練をはじめ、音を思う朝陽(西島さん)、練を思う木穂子と小夏(森川さん)、そんな小夏を見守る晴太(坂口さん)という6人の思いが交錯し、ついに大きな事件が起きてしまう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.