くらし情報『林遣都、漫才シーンの撮影に「幸せが不安に勝りました」  「火花」現場潜入』

2016年3月11日 12:00

林遣都、漫才シーンの撮影に「幸せが不安に勝りました」  「火花」現場潜入

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


人気お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹によるベストセラー小説を、オンラインストリーミングサービスのNetflixが自社オリジナルドラマとして映像化する「火花」。昨年11月のクランクインから約4か月にわたって撮影が行われ、先頃そのクランクアップも報告された本作だが、去る2月某日、クライマックスの撮影が行われる現場を目にすることができた。

第153回芥川賞にも輝いた「火花」は、売れないお笑い芸人の先輩後輩2人が夢と現実のギャップに揉まれながら、自らの道を貫こうともがく青春ストーリー。その後輩芸人にあたる主人公・徳永を林遣都が、天才肌の先輩芸人・神谷を波岡一喜が演じる。

撮影が行われていた場所は、都内の劇場・神保町花月。若手芸人の活躍の場としても知られる同劇場に、徳永が組むお笑いコンビ「スパークス」のライブシーンに挑む林さん、そして客席から後輩の舞台を見守る神谷役・波岡さんの姿があった。

観客役のエキストラが場内を埋め尽くす中、林さんは相方役の好井まさお(井下好井)と共に軽快な漫才を披露。その冒頭からラストまでが、一連で撮影されていく。「基本的に、漫才シーンはワンカットで撮っていただくんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.