くらし情報『綾野剛、『日本で一番悪い奴ら』東京スカパラ×Ken Yokoyamaタッグに歓喜!「感謝の極み」』

2016年3月23日 05:00

綾野剛、『日本で一番悪い奴ら』東京スカパラ×Ken Yokoyamaタッグに歓喜!「感謝の極み」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


綾野剛を主演に『凶悪』の白石和彌監督とタッグを組み、“日本警察史上の最大の不祥事”を描く『日本で一番悪い奴ら』。この度、本作の主題歌を「東京スカパラダイスオーケストラ」とギタリスト・Ken Yokoyamaが最強タッグを組んで担当することが決定。併せて本主題歌入りの予告編が到着した。

大学時代に馴らした柔道。その腕っ節の強さを買われ、北海道警・刑事となった諸星要一綾野剛)。強い正義感を持ちながらも、うだつの上がらない日々を過ごしていた。ある日、署内随一の敏腕刑事・村井(ピエール瀧)から刑事の“イロハ”を叩き込まれる。それは「刑事は点数。点数稼ぐには裏社会に飛び込み、“S”(“エス”=スパイ)をつくれ」というものであった。村井に言われた通り裏社会の“S”を率い、「正義の味方、悪を絶つ」の信念の元、規格外のヤバすぎる捜査をまっとうしていく諸星だが――。

原作は、稲葉圭昭の「恥さらし北海道警悪徳刑事の告白」。“日本警察史上の最大の不祥事”と呼ばれる「稲葉事件」で“黒い警部”と異名を残す実在の男をモデルにした北海道警察の警部が、逮捕されるまでの壮絶な26年間を描いている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.