くらし情報『二階堂ふみ、キム・ギドク監督最新作を絶賛「しっかりトラウマを与えてくれる」』

2016年12月24日 16:00

二階堂ふみ、キム・ギドク監督最新作を絶賛「しっかりトラウマを与えてくれる」

Photo by cinemacafe.net

韓国の巨匠キム・ギドクの監督最新作『The NET 網に囚われた男』が、2017年1月7日(土)より日本公開となる。本作は、キム・ギドクがトレードマークともいえる過剰なバイオレンスを抑え、朝鮮半島の南北分断をテーマに世界に問いかける社会派ヒューマンドラマ。早くも、女優の二階堂ふみや、監督作『雪女』が東京国際映画祭コンペ部門に出品された杉野希妃をはじめ、これまでギドク作品を応援してきた日本の映画界から賞賛の声が寄せられている。

北朝鮮の漁師ナム・チョル(リュ・スンボム)は、いつものようにモーターボートで漁に出るが、魚網がエンジンに絡まりボートが故障、韓国側に流されてしまう。韓国の警察に拘束されたチョルは、身に覚えのないスパイ容疑で、情け容赦ない取り調べを受ける。そして、妻子の元に帰りたい一心の彼に、執拗に持ちかけられる韓国への亡命。しかも、ようやく北に戻された彼を待ち受けていたのは、より苛酷な運命だった――。

キム・ギドクが脚本を書き、製作を務めた『プンサンケ』『レッド・ファミリー』でも取り組んだ南北問題に、今回は自らメガホンをとり、北朝鮮の漁師の男に降りかかる運命を通して鋭く切り込んだ本作。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.