くらし情報『【予告編】この結婚を法が裁くのか…!? 『ラビング 愛という名前のふたり』』

2016年12月28日 12:46

【予告編】この結婚を法が裁くのか…!? 『ラビング 愛という名前のふたり』

Photo by cinemacafe.net

コリン・ファースがプロデューサーを務める『ラビング愛という名前のふたり』。“愛”(LOVING)という姓を持つ夫婦役を演じたジョエル・エドガートン、ルース・ネッガがそろってゴールデン・グローブ賞にもノミネートされている本作から、予告編が解禁となった。

大工のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。時は1958年、バージニア州では異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子どものころに出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないこと。2人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新居を構えて暮らし始めるが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう…。

異人種間の結婚は違法だった時代に結ばれた、ラビング夫妻の実話を元に映画化した本作。その実話に心動かされ、プロデューサーを務めたのは、『英国王のスピーチ』のオスカー俳優コリン・ファースだ。

届いた予告編では、愛し合って結婚したラビング夫妻の新居に、夜中に突然保安官が押し入り、収監される場面が描かれる。2人は、離婚か、あるいは生まれ故郷を捨てるか、二つに一つの選択を迫られる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.