くらし情報『上から目線で傲慢!でもなぜか惹かれるギャップ男子=ドクター・ストレンジ』

2016年12月29日 12:00

上から目線で傲慢!でもなぜか惹かれるギャップ男子=ドクター・ストレンジ

Photo by cinemacafe.net

全米公開時には週末オープニング成績8,500万ドル(約88億4千万円)となるNo.1ヒットスタートを切り、世界興収はすでに6億ドル超えを達成しているマーベル・スタジオの最新作『ドクター・ストレンジ』。日本での公開が待たれる中、ベネディクト・カンバーバッチが演じるドクター・ストレンジは、実は最強の“ギャップ男子”であることが分かった。

本作の主人公ドクター・ストレンジは、天才外科医でありながら巨悪と戦う、という異色のヒーロー。天才ゆえか、その発言と態度は常に上から目線だ。しかし、そんなストレンジを演じたカンバーバッチは、「嫌われるくらい横柄にみえるけど、それでも、なぜかみんな彼のことが好きなんだ。彼にはものすごく人を惹きつける魅力があるからね」と言う。さらに、ストレンジの敵役であるカエシリウスを演じたマッツ・ミケルセンも、ストレンジについて「上から目線で傲慢だけど、知的でどこかユーモアがあるキャラクターなんだ」と説明。ストレンジには傲慢なだけではない、人間的な魅力があるという。

ふだんは上から目線で傲慢でも、実は〇〇といった、いわゆる“ギャップ萌え”キャラクターは、日本には馴染みが深いものだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.