くらし情報『加藤ミリヤ、ディズニー最新作『モアナと伝説の海』日本版エンドソングを担当! 「夢のような話」』

2017年1月26日 04:00

加藤ミリヤ、ディズニー最新作『モアナと伝説の海』日本版エンドソングを担当! 「夢のような話」

Photo by cinemacafe.net

先日、第89回アカデミー賞のノミネーションが発表され、「主題歌賞」「長編アニメーション賞」にノミネート、ますます期待が高まるディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』。この度、本作の日本版エンドソング「どこまでも~How Far I’ll Go~ (エンドソング)」をシンガーソングライターの加藤ミリヤが担当することが明らかになった。

海に選ばれた少女モアナ──。海が大好きな彼女は、島の外に出ることを禁じられながらも、幼い頃に海と“ある出会い”をした ことで愛する人々を救うべく運命づけられる。それは、命の女神テ・フィティの盗まれた“心”を取り戻し、世界を闇から守ること。神秘の大海原へ飛び出した彼女は、伝説の英雄マウイと出会い、世界を救う冒険に挑む。立ちはだかる困難に悩み傷つきながらも、自分の進む べき道を見つけていくモアナだったが…。

日本版声優として、ヒロイン・モアナ役に抜擢された屋比久知奈、タラおばあちゃん役に夏木マリ、マウイ役に尾上松也が発表され、ますます3月の日本公開に向けて期待高まっている本作。今回がディズニー作品初参加となる加藤さんは、「12年くらい音楽をやらせてもらっていて、こんな気持ちになることはずっとなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.