くらし情報『倉科カナ&三浦翔平、ウエディング姿が意味するものとは…「奪い愛、冬」2話』

2017年1月27日 16:15

倉科カナ&三浦翔平、ウエディング姿が意味するものとは…「奪い愛、冬」2話

Photo by cinemacafe.net

鈴木おさむ脚本、倉科カナ三浦翔平が婚約中のカップルを演じて大谷亮平水野美紀らが共演する話題の“ドロキュン”ドラマ「奪い愛、冬」の第2話が1月27日(金)今夜オンエア。第2話も視聴者の予想の斜め上を行く展開が待っているという。

本作で倉科さんが演じているのはデザイン会社で働く池内光。光は三浦さん演じるアシスタントの奥川康太からプロポーズされ幸せの絶頂にいるが、そこにライバル会社のデザイナーとして大谷さん演じる森山信が現れる。信はかつて光の“元カレ”だったが3年前に突然好きな人がいると告げ、姿を消した男。まさかの再会に信との思い出がよみがえりひとり激しく動揺する光――物語は光と康太、信そして彼らを取り巻く人々の愛憎渦巻く人間模様が展開する。

そのほか、信の女性関係に鋭く目を光らせる妻・蘭に水野さん、光を快く思っていない康太を溺愛する母・美佐を榊原郁恵、光の母・池内麻紀キムラ緑子、光のことが好きだった上司・武田玄三宅弘城、光から康太を奪おうとする豊野秀子秋元才加、康太の学生時代の恋人で幼馴染みの尾上礼香ダレノガレ明美、信の後輩・加藤清西銘駿といったキャストが共演。

今夜の第2話では、康太に頼まれた光が信との思い出の場所に連れて行くと、そこに信の妻・蘭が。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.