くらし情報『及川光博&六角精児が「相棒」に帰ってくる! 『劇場版IV』への布石も!?』

2017年2月1日 17:00

及川光博&六角精児が「相棒」に帰ってくる! 『劇場版IV』への布石も!?

Photo by cinemacafe.net

恒例の元日スペシャルで視聴率17.3%を獲得し好調な2017年のスタートを切った大人気ドラマ「相棒season15」。この度、1年前のエピソードを2週連続の前後編で描く第13&14話に、及川光博と六角精児が登場することが分かった。

及川さんが演じていたのは、水谷豊演じる杉下右京の“2代目相棒”・神戸尊。神戸は、2012年3月の「相棒season10」放送終了と同時にドラマシリーズを卒業。以来5年ぶりにドラマシリーズに登場する彼は、警察庁長官官房付でありながら、大河内春樹首席監察官(神保悟志)からの個人的な依頼である人物を調査する中、特命係が捜査する立てこもり事件と関与を持つことになる。

一方、六角さん演じる鑑識の米沢守は、相棒シリーズ初期から昨年3月に放送された「相棒season14」の最終話まで、シリーズに欠かせない名物キャラとして出演。「相棒season15」では警察学校の教官に就いており、これまで登場シーンはなかったが、1年前のエピソードを扱う今回、我が身の行く末を案じて特命係と距離を置くと決めながらも、つい手を貸してしまう鑑識時代の米沢がお馴染みの衣裳をまとって登場する。

第13&14話の2週連続前後編で描かれるのは、1年前の事件ということで、右京の現相棒・冠城亘(反町隆史)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.