くらし情報『マドンナ、マラウイ共和国から双子の女児を養子に迎える』

2017年2月8日 18:15

マドンナ、マラウイ共和国から双子の女児を養子に迎える

Photo by cinemacafe.net

先月、マラウイから養子を迎えるとのうわさに、はっきりと否定していたマドンナが、双子の孤児を養子にしたと「People」誌が伝えている。

マラウイの裁判所の報道官によると、火曜日(現地時間)、マドンナは弁護士、4歳半の双子の女児、双子の父親、おじと裁判所に集まり、養子縁組を結んだという。双子の母親は出産1週間後に亡くなり、祖母が面倒を見ていたとのことだが養っていくことができず、最終的に双子は児童養護施設に預けられていたそうだ。

手続きを終えるとマドンナは「喜びにあふれた笑顔をふりまき、自分の娘になった双子と裁判所を後にした」と報道官は語っている。

これでマドンナは6人の子どもの母親となった。20歳のローデス・レオン、16歳のロッコ・リッチーは実子で、16歳のデヴィッド・バンダ、11歳のマーシー・ジェームズは双子と同じくマラウイからの養子である。マドンナはマラウイに思い入れが強く、頻繁に訪れている。現地でチャリティ・プロジェクトにも携わり、現在は「クイーン・エリザベス・セントラル病院」の小児病棟を拡大する支援活動を行っている。先月、「養子縁組の手続き中でマラウイに滞在」と報道された際にも、マドンナは「小児病棟のチェックとチャリティ活動のため」と否定していた。

(Hiromi Kaku)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.