くらし情報『郷ひろみ、初の悪役に意欲!「嫌な奴だなぁ、と感じて」ドラマ「LEADERSII」』

2017年2月26日 06:00

郷ひろみ、初の悪役に意欲!「嫌な奴だなぁ、と感じて」ドラマ「LEADERSII」

Photo by cinemacafe.net

佐藤浩市・主演、菅野美穂東出昌大山口智子尾上菊之助ら豪華俳優陣の共演で贈る大型スペシャルドラマ「LEADERSII」。この度、本作の新たなキャストとして、日本を代表するポップシンガー・郷ひろみの出演が決定。「TBS テレビ60周年特別企画 天皇の料理番」以来、2年ぶりのドラマ出演にして、デビュー45周年で自身初の“ヒール”役を演じる。

1934年(昭和9年)、10年前の関東大震災によって物資輸送網が断絶された苦い経験から、日本の自動車需要は急速に加熱していた。欧州勢に加えて、アメリカのフォード、GMの本格参入によって日本の市場はまさに外国車販売の戦国時代へ突入していた。愛知にあるGM車販売店「日の出モータース」の支配人・山崎亘内野聖陽)はアメリカ流の販売方針を押し付けられることに抵抗し、ことあるごとに改善を訴えてきた。だが、大阪に拠点を置く「日本ゼネラルモータース」は、一販売店の意見に耳を傾けることはなかった。大阪からの帰りに山崎は、鈴鹿峠の山道で立ち往生しているシボレーを、背広のまま修理する男・愛知佐一郎佐藤浩市)に出会う。これがアイチ自動車売店第一号となり、佐一郎を支え続けることになる山崎亘と佐一郎の運命の出会いであった…。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.