くらし情報『忽那汐里、オスカー女優に感謝「すごく刺激を受けた」』

2017年3月9日 21:08

忽那汐里、オスカー女優に感謝「すごく刺激を受けた」

Photo by cinemacafe.net

映画『ねこあつめの家』の完成披露試写会が3月9日(木)、都内にて開催され、主演の伊藤淳史忽那汐里木村多江、蔵方政俊監督が登壇。忽那さんが、米女優のヴィオラ・デイヴィスが米アカデミー賞助演女優賞を受賞した『Fences』(原題)から刺激を受けたエピソードを明かした。

『ねこあつめの家』は、2014年にリリースされたスマホ向けゲームアプリ「ねこあつめ」の実写映画化。新人賞を受賞して脚光を浴びるも大スランプ中の小説家・佐久本勝(伊藤さん)は、占い師から予言を受け、おかしな不動産屋の勧めで、片田舎の古民家に移り住んだ。場所は変われど暮らしは一向に上向く様子がなく、途方に暮れて縁側を眺めていると、1匹の猫がやってくるも庭から出て行ってしまう。佐久本は、どうしても猫が気になり、ペットショップの店主・洋子(木村さん)からアドバイスを受け庭作りを始める。

3月9日は「ありがとうの日」といい、トークでは、誰に感謝を伝えたいかが話題にあがった。忽那さんは、「今回、アカデミー賞で助演女優賞を受賞されたヴィオラ・デイヴィスさんという女優さんがいるのですが、彼女が今回受賞された作品を観て、久しぶりに、何てものを観てしまったのだろうと思ってしまいました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.