くらし情報『32年前のイザベル・ユペールをとらえた1枚…『パリが愛した写真家』』

2017年3月16日 14:00

32年前のイザベル・ユペールをとらえた1枚…『パリが愛した写真家』

Photo by cinemacafe.net

本日3月16日で64歳の誕生日を迎えるフランスを代表する女優、イザベル・ユペール。ポール・ヴァーホーヴェン監督『ELLE』(原題)で、ついに米アカデミー賞主演女優賞ノミネートという快挙を成し遂げた名女優の若かりし姿をとらえた1枚が明らかになった。

イザベル・ユペールといえば、歳を重ねるほどに活躍の幅を広げ、主演作が相次ぐ稀有な女優のひとり。昨年は「フランス映画祭」に合わせて来日、団地を舞台にした『アスファルト』、鬼才ラース・フォン・トリアーの甥っ子ヨアキム・トリアー監督作『母の残像』が相次いで日本公開され、3月25日(土)からは『未来よ こんにちは』が公開、オスカーノミネート作『ELLE』の公開も夏に予定されている。

そのイザベルの当時32歳の姿をとらえた1枚が、ドキュメンタリー映画『パリが愛した写真家ロベール・ドアノー<永遠の3秒>』に登場する。写真家ロベール・ドアノーの名は知らなくとも、ある1組の男女が雑踏の中でキスを交わすモノクロ写真「パリ市庁舎前のキス」を目にしたことのある人は多いはず。1950年にアメリカの雑誌「LIFE」の依頼で撮影され、1980年代にポスターとして発売されると世界中に広まった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.