くらし情報『高畑充希、「デイ・ドリーム・ビリーバー」を歌う恐怖と覚悟明かす』

2017年3月18日 17:03

高畑充希、「デイ・ドリーム・ビリーバー」を歌う恐怖と覚悟明かす

Photo by cinemacafe.net

『東のエデン』『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズの神山健治監督の最新オリジナルアニメーション『ひるね姫~知らないワタシの物語~』が3月18日(土)に公開を迎え、神山監督と声優を務めた高畑充希満島真之介江口洋介前野朋哉高橋英樹が舞台挨拶に登壇した。

東京五輪の開幕直前の2020年を舞台にした本作。瀬戸内海にのぞむ岡山県倉敷市で父と暮らすごく普通の女子高生ココネが夢と現実の世界を行き来しながら、突然、逮捕されてしまった父の救出を目指すと共に、自身の家族の秘密を解き明かしていく。

高畑さんは、自身が演じたココネを「昼寝好き」と説明し「私も学生時代、ずっと寝ていたので通ずるものがありました(笑)」と明かす。「彼女は全然、最初から最後まで変わりません。それが周りを変えていく。チャーミングな役をやらせてもらえて幸せです」と笑顔を見せた。

満島さんは「沖縄出身なのでシーサーも連れてきました!」と胸にシーサーのデザインの入ったジャケットで気合十分。「神山さんとの出会いは人生における素晴らしい出会いになりました。劇場版の声優を務めるのは初めてですが『ついにこの日が来たか』と胸がいっぱいです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.