くらし情報『大杉漣らが“6つ子”に!? 「バイプレイヤーズ×おそ松さん」エイプリルフールの大ウソに大反響!』

2017年4月3日 12:30

大杉漣らが“6つ子”に!? 「バイプレイヤーズ×おそ松さん」エイプリルフールの大ウソに大反響!

Photo by cinemacafe.net

4月1日(土)、テレビ東京の人気アニメ「おそ松さん」が、同局の人気ドラマ「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」のキャストにより、 まさかの実写化決定!?という“エイプリルフール1日限定”の企画が実施され話題を集めた。そして2日(日)には、なんだかほっこりした気分にさせられる、貴重なアザーカットが公開された。

赤塚不二夫生誕80周年を記念し、2015年10月より深夜アニメとして放送されたアニメ「おそ松さん」。“6つ子”役には櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由といった大人気声優たちが演じたことでも大きな話題を集め、いまもなお絶大な支持を得ている。一方、ドラマ24枠で放送された「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」には、遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研の日本を代表する名脇役6人全員が、“本人役”で主演という異色のドラマ。

3月上旬には、「6人の成人男性が、ひとつ屋根の下暮らし」という共通点を発見した松野家6つ子の猛アプローチにより、この2作品のコラボポスターが公開され話題沸騰。そして今回、そんなコラボの第2弾が、エイプリルフールに実現!「おそ松さん」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.