くらし情報『【インタビュー】アラン・メンケン 盟友の死を乗り越え『美女と野獣』アニメーションから実写へ』

2017年4月25日 20:00

【インタビュー】アラン・メンケン 盟友の死を乗り越え『美女と野獣』アニメーションから実写へ

Photo by cinemacafe.net

ディズニー映画『リトル・マーメイド』『美女と野獣』『アラジン』『ポカホンタス』でアカデミー賞の歌曲賞と作曲賞に輝き、これまでに計8回のオスカー受賞(ノミネート数は19!)を誇るアラン・メンケン。彼が初めて東京を訪れたのはいまから約27年前、『リトル・マーメイド』のプロモーションだった。その後、作曲を担当した映画の公開、DVDリリース、ミュージカル上演などのタイミングで何度も日本へ。「今回は滞在時間が短くて行けないけれど、箱根の旅館・強羅花壇はとても美しくて、違う時代に連れていってくれる好きな場所です」と、お気に入りのスポットもある。そして今回の来日は、1991年のアニメーションを完全実写化した『美女と野獣』を語るためだ。26年にわたり愛されて続けている『美女と野獣』の名曲の数々、実写版のために新たに書き下ろされた新曲について聞いた。

アニメーション版に登場したすべてのミュージカルナンバーが実写版に使われているだけでなく、新たな3曲「デイズ・イン・ザ・サン~日差しをあびて~」「ひそかな夢」「時は永遠に」が追加されている。

「ディズニー・スタジオから実写版の『美女と野獣』を作りたいという話を受けてからビル・コンドン監督に決まるまで数年かかりましたが、ビルに決まって、彼がどういうふうにこの作品を広げていきたいのか──何を加えられるのか、新しい何かを見いだす、探しだしていく作業でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.