くらし情報『【予告編】“最後”のウルヴァリンにプロフェッサーXが語る言葉とは…『ローガン』』

2017年4月26日 12:45

【予告編】“最後”のウルヴァリンにプロフェッサーXが語る言葉とは…『ローガン』

Photo by cinemacafe.net

ヒュー・ジャックマンが自身の“最後”のウルヴァリンを全身全霊で演じる『LOGAN/ローガン』。日本公開に先駆けて公開された全米をはじめ、すでに世界80か国No1を獲得、「ウルヴァリン」シリーズの中でもNo.1ヒットとなっている本作から、その17年の歴史を締めくくる“見納め”の予告編が解禁となった。

“アメコミ映画初”となるベルリン映画祭での上映後にスタンディングオベーションが起き、全米批評サイト「Rotten Tomatoes」でも高評価を維持し続けている本作。全米オープニングは3日間で8,530万ドル(約97億円)を記録し、全世界では6億ドル(約650億円)を突破。ヒューが孤高のヒーローの集大成として体現する“最後”のウルヴァリン/ローガンの物語は、同シリーズ史上No.1ヒットとなっている(Box office Mojo調べ)。

このたび到着した“最後”の予告編では、ローガン(ヒュー・ジャックマン)が「X-MEN」のコミックを「マンガは作り物だ」と言い放つところから始まる。舞台は、ミュータントの大半が死滅した2029年。長年の激闘で心身共に疲れ果て、不死身の治癒能力が衰えたローガンは生きる目的さえも失ったまま、荒野の廃工場でくらしていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.