くらし情報『今年来る!“塩顔男子”の新星ルーカス・ヘッジスに注目』

2017年5月8日 20:30

今年来る!“塩顔男子”の新星ルーカス・ヘッジスに注目

Photo by cinemacafe.net

『ラ・ラ・ランド』や『ムーンライト』とともに、本年度アカデミー賞で作品賞をはじめ主要部門にノミネートされ、見事、主演男優賞(ケイシー・アフレック)、脚本賞(ケネス・ロナーガン)の2冠を獲得した『マンチェスター・バイ・ザ・シー』。本作で、ほぼ新人にして助演男優賞にノミネートされたルーカス・ヘッジズは、実はハリウッドのサラブレッドだという。今年ブレイク必至といわれる、この“塩顔男子”の新星に注目した。

本作は、ケイシー演じる、ボストン郊外で便利屋として生計を立てている主人公リーが、兄の死をきっかけに故郷“マンチェスター・バイ・ザ・シー”へと戻り、16歳の甥パトリックの面倒を見ながら過去の悲劇と向き合い、再生への一歩を踏み出す人間ドラマ。リー役を熱演し、主演男優賞を獲得したケイシ―と、リーの元妻を演じて4度目のアカデミー賞ノミネートとなったミシェル・ウィリアムズと並び、リーの甥パトリック役で、アカデミー賞に初ノミネートされたのがルーカス・ヘッジズだ。

「ニュースターの誕生!」とハリウッドではすでに大きな注目を集めているが、その注目度の高さは日本にも及び、連日満員御礼の大盛況となった本作のマスコミ向け試写会では、上映後に毎回必ず、評論家やライター、編集者たちの中から「あの子は誰?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.