くらし情報『元「SKE48」桑原みずき、芸能人の地位向上に訴え「連絡が取れず逃げられたこともあった」』

2017年6月9日 16:30

元「SKE48」桑原みずき、芸能人の地位向上に訴え「連絡が取れず逃げられたこともあった」

Photo by cinemacafe.net

芸能人の権利を守る「日本エンターテイナーライツ協会」発足の記者会見が6月9日(金)、都内にて行われた。協会に賛同していると出席した元「SKE48」の桑原みずきは、「いまSKEでなくなったからこそ、肩書きを使いたいという変な大人が寄ってくることもあったり、いい話をちらつかせて最終的に連絡が取れなくなって逃げられたこともありました。仕事を受けたこと自体、後悔しました」と、悩んだ過去を赤裸々に明かした。だからこそ、「そのときに相談できていたらと思うので、こういう団体があれば救える人が多いかなと思います」と、発足への思いを語った。

「日本エンターテイナーライツ協会」は3本の活動内容を掲げている。ひとつ目には「芸能人らの権利を守る」こと、ふたつ目は「芸能人らのセカンドキャリア形成を支援する」こと、3つ目は「芸能人らの地位を向上させる」こと。その背景には、「個」(芸能人)が「組織」(事務所、マスコミ)と向き合うことを支援し、悪徳事務所を減らし、芸能人の私生活を守り、芸能界を健全化することがある。

現在、俳優として活動している今野悠夫は、これまでたくさんの困った声を聞いたと話す。「第一にセクシャルな問題。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.