くらし情報『高杉真宙、実話から生まれた青春群像劇に主演!小学生以来の「熱い夏を生きたい」』

2017年6月26日 06:00

高杉真宙、実話から生まれた青春群像劇に主演!小学生以来の「熱い夏を生きたい」

Photo by cinemacafe.net

『トリガール!』『散歩する侵略者』など、今年から来年にかけて公開待機中の作品が10本を超える高杉真宙が、誉田哲也による青春群像小説の実写化『世界でいちばん長い写真』に挑むことになった。

目標もなく、冴えない毎日を送っている主人公・宏伸。ある日、祖父のリサイクルショップでみつけた風変わりなカメラ。それは、世界一長いパノラマ写真が撮れる特別なカメラだった!?その日を境に、宏伸のモノクロだった人生は、だんだんと鮮やかな色に変わっていく――。

原作は、愛知県の高校で実際にあった出来事を基に、個性豊かな登場人物たちが巻き起こす笑いと涙の物語を描く誉田哲也による青春群像劇。先に映画化され、ヒットを飛ばした『武士道シックスティーン』(’10)、『ストロベリーナイト』(’13)に続き、映像化を待つ原作者ファンの中でも話題になること必至。

主演の宏伸には、人気、実力ともに若手トップクラスである高杉さん。また、宏伸の従姉役には、『ハイキック・ガール!』「ワカコ酒」など映画・ドラマで活躍中の武田梨奈が決定。これから、注目の旬な役者陣が発表されていく予定という。

また、監督は昨年『にがくてあまい』で高い評価を得た新進の草野翔吾が、脚本も手掛けている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.