くらし情報『『グレムリン』最新作、脚本が完成し製作に一歩前進』

2017年8月17日 16:45

『グレムリン』最新作、脚本が完成し製作に一歩前進

Photo by cinemacafe.net

『グレムリン』の公開から33年。『グレムリン』シリーズ3作目製作への動きが活発化している。1990年製作の2作目『グレムリン2 新・種・誕・生』の脚本には関わらなかったが、1984年の1作目の脚本を手掛けたクリス・コロンバスが3作目の脚本を書き終えたと「Slashfilm」とのインタビューで明かしたのだ。

「誇りに思えるような脚本になった。すごくひねりがきいていてダークな話なんだ。さて、どうなるかな。撮影するとなるといつも問題になるのは予算のことだね。僕は1作目みたいにすごくひねりのきいた感覚を大切にしたかったんだ。あの頃に立ち返り、また脚本を書いてみるっていうのは簡単なことだったよ。早く映画を観られればいいなぁ」と近況を語った。

『グレムリン』のファンは、最新作でパペット(人形)ではなくCGIを多用するのではと心配しているが、クリスは「CGIの使用は確実に最小限!」と安心させた。1作目のグレムリンがバーで暴れまわるシーンでは、カウンターの裏に18人から20人がすし詰め状態でパペットを動かしていたという過酷さ。CGIの使用により、「パペットのワイヤーを消し、パペットつかいのスタッフの動きを少し簡単にする」ことができるそうだ。

(Hiromi Kaku)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.