くらし情報『松嶋菜々子、織田裕二と17年ぶり共演で女性支店長!「男社会に必死に食らいついていく」』

2017年10月24日 06:00

松嶋菜々子、織田裕二と17年ぶり共演で女性支店長!「男社会に必死に食らいついていく」

Photo by cinemacafe.net

織田裕二を主演に迎え、大手銀行の監査役が活躍する経済漫画をドラマ化するWOWOW「連続ドラマW監査役 野崎修平」。このたび、すでに発表されている岸谷五朗古谷一行に加え、松嶋菜々子の出演が決定。織田さんと松嶋さんは映画『ホワイトアウト』以来、実に17年ぶりの共演となることが分かった。

舞台は、バブル経済が崩壊し、金融当局が従来の政策を大転換させる“金融ビッグバン”に銀行業界が直面した1990年代末。おおぞら銀行・地蔵通り支店長である野崎修平織田裕二)は、正義感と人情味あるその人柄から行員や街の人々に好かれているものの、出世コースとは程遠い行員生活を送っていた。そんなある日、支店が閉鎖されることになり、新たに告げられた異動先は役員昇進である監査役。監査役になった野崎は銀行内での不正を目の当りにし、この銀行を変えると決意、やがて銀行が抱える「究極の闇」に辿り着く。そこには、現おおぞら銀行頭取・京極雅彦古谷一行)の影が…。

野崎に対抗すべく、京極が出向先から呼び戻した剛腕の行員・武田真吾(岸谷五朗)や、おおぞら銀行初の女性役員を目指す立川祥子松嶋菜々子)も加わり、銀行内で熾烈な戦いが繰り広げられる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.