くらし情報『『ファンタビ』注目俳優×マーク・ウェブ監督の最新作、2018年4月日本公開へ』

2017年11月28日 08:00

『ファンタビ』注目俳優×マーク・ウェブ監督の最新作、2018年4月日本公開へ

Photo by cinemacafe.net

クリス・エヴァンスと奇跡の天才子役マッケナ・グレイスの共演で感動の涙を誘う『gifted/ギフテッド』が公開中のマーク・ウェブ監督。彼の監督最新作で、NYを舞台にしたロマンティック・ラブストーリー『The Only Living Boy in New York』(原題)が、2018年4月より日本公開決定。主演を『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』でエディ・レッドメインの兄役を演じるカラム・ターナーが務めている。

大学卒業を機に親元を離れた主人公トーマス(カラム・ターナー)は、同じアパートに住む小説家の男(ジェフ・ブリッジス)と出会い、彼から人生のアドバイスを受けることに。ある日、想いを寄せる女の子(カーシー・クレモンズ)と行った店で、偶然に父(ピアース・ブロスナン)とその愛人(ケイト・ベッキンセール)の密会を目撃したことから、思わぬ事態に展開していき…。

音楽愛にあふれたハイセンスな作風のボーイ・ミーツ・ガールムービー『(500)日のサマー』でセンセーショナルなデビューを飾ったマーク・ウェブ監督。超大作『アメイジング・スパイダーマン』シリーズを経て、家族の素晴らしさを描いた感動作『gifted/ギフテッド』に続く最新作は、ニューヨークを舞台に原題と同じ「サイモン&ガーファンクル」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.