くらし情報『ビルにアレクサンダー…北欧の“最強”一家・スカルスガルド家を徹底解剖』

2017年11月29日 20:00

ビルにアレクサンダー…北欧の“最強”一家・スカルスガルド家を徹底解剖

Photo by cinemacafe.net

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の勢いが止まらない。普段ホラー映画は選ばないカップルや学生グループが劇場に押し寄せ、R15+作品ながら公開3通目にして動員ランキング1位を獲得。公開4週目の今週も動員ランキング2位と好調を維持し、動員100万人、興行収入15憶円を突破した。

日本列島に“ピエロ旋風”を巻き起こしている最大の要因は、“最恐”ピエロのペニーワイズを演じたビル・スカルスガルドの怪演にほかならない。このビルの父親はスウェーデン出身の名優ステラン・スカルスガルド、兄も美形実力派のアレクサンダー・スカルスガルドだ。いま最もアツい視線を送られる、“最強”の芸能一家・スカルスガルド家の面々に迫った。

■ハリウッドを席巻するハイスペック家族、スカルスガルド家とは?

日本はもちろんのこと、ハリウッドでもクリント&スコット・イーストウッド親子クリス(次男)&リアム(三男)&ルーク(長男)のヘムズワース兄弟など、2世俳優や兄弟俳優たち、芸能一家は珍しくはないが、揃いも揃って190cm超えの高身長で美形、父のみならず、子ども4人(8人中)が俳優というスカルスガルド家は特別。

父ステランといえば、悪役からコメディまでこなせるキャリア50年のベテランであり、長男アレクサンダー(以下、アレックス)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.