くらし情報『“出産は奇跡”…それぞれの未来に感動の声続出 綾野剛主演「コウノドリ」最終回』

2017年12月23日 00:14

“出産は奇跡”…それぞれの未来に感動の声続出 綾野剛主演「コウノドリ」最終回

Photo by cinemacafe.net

人気医療コミックを綾野剛主演でドラマ化した「コウノドリ」が12月22日の放送で最終回を迎えた。それぞれの道を歩みだしたペルソナのメンバーたちの姿で締めくくられたラストに、SNS上では「涙腺崩壊」「号泣」など“涙の声”が続々投稿されている。

本作は2015年10月期にドラマ化され好評を博し、この秋から新シリーズの放送がスタート。産婦人科医と天才ピアニストの2つの顔を持つ主人公・鴻鳥サクラを綾野さんが演じ、松岡茉優吉田羊坂口健太郎星野源大森南朋らが前作から引き続き続投。今シリーズからは宮沢氷魚松本若菜らも加わった。

最終回は、出生前診断でお腹の子どもがダウン症だとわかった高山透子初音映莉子)と夫・光弘(石田卓也)の2人が、出産に向けて産まれてくる子どもと向き合っていく姿と、吉田さん演じる小松留美子の同期で須藤理彩演じる武田の出産を巡る危機。そして星野さん演じる四宮春樹、坂口さん演じる白川領らの新たな旅立ちが描かれた。

「コウノドリ」最終話-(C)TBS

放送前から「コウノドリ、今から号泣の予感しかしないんだけど」「また号泣するのかしら…」などのツイートがタイムラインに流れ続けるなかでスタートしたオンエア。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.