くらし情報『岡田准一&生田斗真&錦戸亮…ジャニーズの“演技派”たち出演作続々』

岡田准一&生田斗真&錦戸亮…ジャニーズの“演技派”たち出演作続々

2018年1月14日 14:15
 

Photo by cinemacafe.net

人気男性アイドルグループを数多く輩出し、日本で知らない人はいないジャニーズ。特にここ数年、“歌って踊れるアイドル”だけじゃない、“演技派俳優”としても頭角を現している彼らに改めて注目した。

岡田准一ジャニーズ初の日本アカデミー賞を獲得

まず、ジャニーズ事務所で現役所属タレントとして、初の日本アカデミー賞を受賞した「V6」の岡田准一。第38回日本アカデミー賞において『永遠の0』で最優秀主演男優賞を、『蜩ノ記』で最優秀助演男優賞をW受賞、同賞始まって以来、初の主演・助演を制覇した男優となった。黒澤作品や岡田さんの主演作『追憶』など日本映画界を代表する名カメラマンにして、監督も手掛ける木村大作と再び組んだ最新作『散り椿』が9月28日に公開を控える。

生田斗真、トランスジェンダーの女性も熱演

ジャニーズの中で俳優として際立つのが生田斗真。数々の映画やドラマの主演を務めてきた生田さんは、アイドル活動は行わず、俳優としての道を突き進むことから“異色のジャニーズ”といわれるほど。トランスジェンダーの女性を演じた『彼女が本気で編むときは、』も絶賛を受けた。次回作は、『64-ロクヨンー前編/後編』の瀬々敬久監督最新作で、瑛太と共演する薬丸岳のミステリー小説の映画化『友罪』が5月公開を控える。

風間俊介、「陸王」で見せた味ある演技

2017年末、日本中を熱く盛り上げた日曜劇場「陸王」の一生懸命な銀行マン役で好演をみせた風間俊介も見逃せない。生田斗真と同様、俳優として活躍し、「3年B組金八先生」や「それでも、生きてゆく」など猟奇的な役柄もこなせることから“異端児”ともいわれた。「陸王」では自ら駅伝に参加する姿など好青年ぶりが絶賛され、泣き所の一角を担った。その明瞭な語り口で、平昌パラリンピックのNHKキャスターをリオに続いて務める。

二宮和也、「」きっての演技派が先輩と共演

いまや国民的アイドルとして、個人が幅広い活動をする「」。グループきっての演技派俳優である二宮和也は、山田洋次監督作品『母と暮せば』では日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞しており、その演技力は折り紙付き。先輩・木村拓哉との共演で話題の『検察側の罪人』が、8月24日に公開を控える。

長瀬智也、池井戸作品の初映画に主演!

TOKIO」として活動しながら、俳優としても一目置かれる存在なのが、長瀬智也。新CMではランドセルと半ズボン姿の小学生に扮するなど、コメディからシリアスな作風まで幅広くこなし、その存在感をいかんなく発揮。「陸王」や「下町ロケット」で知られる池井戸潤作品、初の映画化となる『空飛ぶタイヤ』が6月15日公開を控えている。

錦戸亮吉田大八監督も「天性のもの」と絶賛

そして、お茶の間人気を確実なものにした「関ジャニ∞」。その中で、映画・ドラマで数々の作品に出演してきた錦戸亮は、2月3日公開を控える吉田大八監督最新作『羊の木』で主演を務め、早くもマスコミ業界内でその演技が話題となっている。さびれた港町を舞台に、国家の極秘プロジェクトとして殺人を犯した元受刑者の男女6人を受け入れたことをきっかけに、町の日常が変化していく様が描かれる本作。

錦戸さんが演じるのは、思いがけず元受刑者の受け入れ担当者になってしまった、どこにでもいそうな“普通”の気のいい市役所職員・月末一(つきすえ はじめ)。木村文乃が扮する同級生や、松田龍平北村一輝、優香、市川実日子水澤紳吾田中泯が扮する個性的な「元殺人犯」たちの間での戸惑いや揺れを見事に表現。吉田監督も「ひたすら受けの芝居が続く難しい役柄なのに1シーンとして同じ表情がない。いつまでも見ていたくなる」と語り、「あれだけ存在感のある役者たちが揃った中で、ひたすら翻弄される主役を見ていたいと思わせる力は、やっぱり天性のものだと思います。受ければ受けるほど輝くスターというか(笑)」と絶賛を贈っている。

(text:cinemacafe.net)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.