くらし情報『ジェラルド・バトラー、地球を救うため「12時間も吊られっぱなし」』

2018年1月18日 14:30

ジェラルド・バトラー、地球を救うため「12時間も吊られっぱなし」

Photo by cinemacafe.net

世界の天候を完全管理する気象コントロール衛星が大暴走、超異常気象を各地で次々と引き起こすディザスター・アクション大作『ジオストーム』。本作で主演を務めるのは、『300〈スリーハンドレッド〉』で屈強な王を演じ、『エンド・オブ・ホワイトハウス』シリーズでは大統領を救ってきたジェラルド・バトラー。そのジェラルドが本作で激闘した撮影について明かしてくれた。

本作の主人公で気象コントロール衛星“ダッチボーイ”の暴走を食い止めようと奮闘する科学者ジェイクを演じているジェラルド。“ダッチボーイ”は通常、地球と同じレベルの環境が整い、スタッフが地上での生活と違和感を感じないように整備されていた。だが、今回の暴走でいくつものシステムがダウン。人間が普通に生活するために必要な重力さえも失われてしまうのだ。

そこで登場するのが、役者を吊るし、あたかも無重力のような演出を施すために必要なワイヤーでの撮影。このワイヤーを使っての演技について、ジェラルドは「何人かの本当の宇宙飛行士が、無重力についてアドバイスしてくれたんだ。劇中で多くのことが無重力状態で起きる。でも撮影は地球上で撮っているから、当然重力があるよね(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.