くらし情報『滝沢秀明と15年ぶりの再共演に遠藤憲一うなる「大人の色気がついてきて、よりいい」』

2018年1月30日 17:56

滝沢秀明と15年ぶりの再共演に遠藤憲一うなる「大人の色気がついてきて、よりいい」

Photo by cinemacafe.net

東海テレビ開局60周年記念「家族の旅路 家族を殺された男と殺した男」の第1話試写・制作発表会見が1月30日(火)、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて行われ、出演する滝沢秀明遠藤憲一らが登壇した。

今回、15年ぶりに再共演となった滝沢さんと遠藤さん。滝沢さんは満面の笑みで「ご一緒できると聞いたときは、非常にうれしかったです。当時、お会いしていたときは正直びびっていたんですけど(笑)」と、ふり返った。滝沢さんの印象について、遠藤さんは、「本当に美しい顔をしている人だな~と思ったんですけど、変わらないです。昔から、タッキーは芝居が上手だったので、りりしさというか、大人の色気がついてきて、より良いんじゃないですかね」と目を細めた。

「家族の旅路 家族を殺された男と殺した男」は滝沢さんが初の弁護士役に挑戦する骨太な人間ドラマ。30年前に起きた一家三人惨殺事件の生き残りで、いまは青年弁護士として活躍する浅利祐介(滝沢さん)が、犯人とされた死刑囚(遠藤さん)の再審請求という難問に向き合うことになる。なお、本作では滝沢さんが主題歌「記憶のカケラ」を担当することも発表された。

およそ9年ぶりにドラマ主演と主題歌を務めることになった滝沢さんは、「ドラマに合った楽曲もうれしいですし、ドラマを盛り上げる楽曲になればと思っています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.