くらし情報『生田斗真&広瀬すず&三木監督、わちゃわちゃ仲良しコメンタリー収録! 『先生!』』

生田斗真&広瀬すず&三木監督、わちゃわちゃ仲良しコメンタリー収録! 『先生!』

2018年2月14日 19:00
 

関連リンク

・島耕作、『空飛ぶタイヤ』にエール! トップの極意は部下の信頼
・“長澤まさみ好き”公言の山田孝之「なかなか伝わらない」
・いつか起業・独立したいと思っている女子に伝えたいこと5つ
Photo by cinemacafe.net

生田斗真広瀬すず共演で河原和音の大人気漫画を実写映画化した『先生! 、、、好きになってもいいですか?』。昨年10月に公開された本作のブルーレイ&DVDが、3月14日(水)リリース。この度、プレミアム・エディション版に収録されるビジュアルコメンタリー収録模様のレポートが到着した。

今回行われたのは、主演の生田さんと広瀬さん、そして三木孝浩監督による、観たらもう一度本編を観返したくなる、作品の魅力がたっぷり詰まったビジュアルコメンタリーの収録。映画撮影の合間に行ったクリスマスパーティを再現した現場には、たこ焼き器やお絵かきグッズが用意されており、生田さんが「(撮影当時、広瀬が)たこ焼きを焼いてくれたよね」と言い出すと、それに対し「今日はわさびないですね!」とノリノリな広瀬さんと、ホームパーティのような和やかな雰囲気で収録がスタート。

本編冒頭のシーンに広瀬さんが「光が本当にきれい」と反応すると、「“女の子は逆光で撮れ”と教わったからね(笑)」と三木監督。「感情の揺れを風やカーテンの揺れで表してるんです」と細かな撮影の工夫を明かした。

また公開当時話題になった伊藤(生田さん)が響(広瀬さん)の頭に辞書をのせる“辞書ポン”のシーンには、広瀬さんも思わず黄色い声をあげ、男性陣が驚く場面も。このシーン、リハーサル時は“ポン”が少し強めだったと言う三木監督に、「(ポンじゃなくて)辞書“ボーン“!」と2人が返し、生田さんは「“辞書ポン(JP)”“肘グイ(UG)”“こめかみツンツン(KT)”でしょ!」と胸キュンシーンに一同盛り上がりをみせた。そして本格的な恋愛映画初挑戦となった広瀬さんは、ラブストーリーの演技に「目の動き一つでも意味がありますよね」と語ると、生田さんも大切なのは「いつ視線が合うのか」と述べている。

中盤では、三木監督から「実は、伊藤先生と藤岡君(健太郎)が図書館で会っていたシーンを撮ったけど、本編には入れなかった」との解説が。こちらは映像特典として未公開シーン集に収録されている。さらに本編終盤、広瀬さんは「ここのシーンはグッときました」とコメント。伊藤が響の同級生・浩介(竜星涼)に殴られ、初めて本音を吐露する場面には、3人とも見入ってしまう。

また収録中には3人の似顔絵対決が行われ、生田さんが描いた絵に広瀬さんは「ひどくない!?」と爆笑。「超画伯」と称された生田画伯渾身の絵とは…?

なお今回のプレミアム・エディションには、ほかにもメイキング&インタビュー、イベント映像集、未公開シーン集など4時間半におよぶ豪華映像特典が収録されている。

『先生!、、、好きになってもいいですか?』ブルーレイ&DVDは年3月14日(水)よりリリース、同日ブルーレイ&DVDレンタル開始。

(cinemacafe.net)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.