くらし情報『「侍女の物語」原作者、エリザベス・モスにビンタ! 第1話にカメオ出演』

「侍女の物語」原作者、エリザベス・モスにビンタ! 第1話にカメオ出演

2018年2月15日 13:00
 

関連リンク

・夫・安田顕「喰われている…」妻・榮倉奈々の“死んだふり”本編映像公開『妻ふり』
・大江晋平、真木よう子ら3姉妹は「一人ひとり違う香りがする」
・『銀魂2』“お登勢”にキムラ緑子! 罵倒&アクションも「最初で最後」
Photo by cinemacafe.net

エミー賞やゴールデングローブ賞を多数受賞している話題作「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」。この度、本作の第1話に、原作者のマーガレット・アトウッドがカメオ出演していることが分かった。

舞台は、環境汚染が原因で少子化が深刻化し、妊娠ができる健康な身体を持つ女性は家族・仕事・財産・人権を突然奪われ、「子どもを産むための道具=侍女」として上流階級の夫妻のもとに送り込まれることが法律で定められた世界。

エリザベス・モス演じる主人公ジューン(オブフレッド)は、“守護者”と呼ばれる男たちに捕らえられ、侍女としての教育を受けるためある特別施設に送り込まれるのだが、その施設では、かつて受けた“暴行”について語り始める侍女に対し、指導を行うおばが「それは教訓を受けさせるため」「暴行されたのも自分のせい」と教育するなど、恐ろしく異様な世界が広がる。

Huluプレミア「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」(C) 2017 MGM Television Entertainment Inc. and Relentless Productions LLC. All Rights Reserved.

今回カメオ出演が明らかになったアトウッド氏が演じるのは、そんな侍女たちを徹底的に教育しマインドコントロールしようとする厳格な空気漂う“おば”の一人。劇中では、侍女として割り切れず、施設での現実離れした光景に戸惑うオブフレッドに対し激しくビンタする場面も登場しており、あわせて公開された場面写真では、オブフレッドと彼女を後ろから睨むアトウッド氏が写し出されている。また重苦しい空気が漂う写真とは違い、笑顔で談笑する2人の姿を捉えたメイキング写真も到着した。

今作に参加したアトウッド氏は、「俳優陣も素晴らしく、圧巻の演技を見せてくれます。作品としての価値も非常に高いです」と確かな手ごたえを感じている様子。さらに、「ドラマは緊張の連続で、特にオブフレッドに感情移入してしまうとハラハラし通しだと思います。オブフレッドは、自身が不信感を募らせる世界に私たちを案内してくれます」と語っている。

Huluプレミア「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」シーズン1は2月28日(水)よりHuluにて独占配信開始、以降毎週水曜日に1話ずつ追加予定(全10話)。

(cinemacafe.net)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.