くらし情報『【インタビュー】岩田剛典×斎藤工 触れ合って生まれた“化学反応”』

2018年3月7日 12:45

【インタビュー】岩田剛典×斎藤工 触れ合って生まれた“化学反応”

Photo by cinemacafe.net

「工さんとご一緒できると知ってすぐ、『今度、楽しみですね』って言っちゃったんです。でも、工さんはそのときまだ共演のことを知らなくて…(笑)」というちょっとしたフライングで始まった両者の共演。中村文則の同名小説を映画化する『去年の冬、きみと別れ』は、岩田剛典斎藤工の本格的共演作となった。「『HiGH&LOW』シリーズも共演という形にはなりますが、あのときは同じ空間でお芝居をすることがなかったので。嬉しかったですよ。すごくワクワクしました」と、フライングされた側の斎藤さんも微笑む。

岩田剛典&斎藤工『去年の冬、きみと別れ』/photo:You Ishii

そんな始まりからも分かるように、2人はすでに気心の知れた仲。ただし、演じる役柄の関係性は複雑で、厄介だ。岩田さん演じる主人公の耶雲は、ある女性の焼死事件を追う記者。その犯人とおぼしき天才カメラマン、木原坂を斎藤さんが演じる。「怪しげな木原坂に、耶雲は振り回されてしまうんです。対立の図式が成り立ってくるんですよね」と岩田さんが語るように、真相に迫る耶雲と彼の追及を巧みにかわす木原坂の攻防が展開。そのため、撮影現場での2人は一定の距離を保っていたそうだ。

『去年の冬、きみと別れ』(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

「撮影現場での工さんは役にすごく入られている感じがあって。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.