くらし情報『妻夫木聡、自ら企画のドラマに竹内結子出演決定で「勝ったと思った」』

妻夫木聡、自ら企画のドラマに竹内結子出演決定で「勝ったと思った」

2018年3月12日 23:50
 

Photo by cinemacafe.net

妻夫木聡が主演のみならず、自ら企画を務めたWOWOWの連続ドラマW「イノセント・デイズ」の完成披露試写会が3月12日(月)に開催。妻夫木さんをはじめ、竹内結子新井浩文芳根京子石川慶監督、原作者の早見和真が舞台挨拶に登壇した。

元交際相手の住居に放火し、その妻子を焼死させたことで死刑判決を受けた田中幸乃(竹内さん)。幼なじみの佐々木慎一(妻夫木さん)は彼女が真犯人ではないと直感し、動き出すのだが…。

妻夫木さんにとって、石川監督は映画『愚行録』で、そして早見さんとは映画『ぼくたちの家族』でも原作者と主演俳優という関係で共に作品を作り上げてきた仲。もともと、別のチームで映画化が企画され、動き出していたという本作だが、その企画が頓挫したことで、それを知った妻夫木さんが、それからわずか4日後くらいに早見さんに電話をし、原作の実写化権取得に動いたことで、ドラマ化へと動き出したという。

連続ドラマW「イノセント・デイズ」完成披露試写会

妻夫木聡、連続ドラマ化のため原作者に直接電話!

妻夫木さんは「早見さんから小説ができたときに(本を)いただいて、すごく面白いと思ってたんです。映画の企画が動いていて、それが頓挫したと聞いて、僕は読んだときから、これは連続ドラマでじっくりと描いた方が面白いと思っていたので、すぐに電話しました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.