くらし情報『スピルバーグは見抜いていた!『レディ・プレイヤー1』ヒロイン大抜擢の理由』

スピルバーグは見抜いていた!『レディ・プレイヤー1』ヒロイン大抜擢の理由

2018年3月29日 12:15
 

Photo by cinemacafe.net

スティーヴン・スピルバーグ監督の13年ぶりの来日が決定した『レディ・プレイヤー1』。本作で主人公ウェイドと共に、壮大なアドベンチャーを体験することになるヒロインのサマンサを演じた注目若手女優オリビア・クックから、キャスティング時の秘話を語るコメントがシネマカフェに到着した。

27年後の未来、どんな夢をも叶えることのできる新世代VR世[オアシス]を舞台にした本作。このたび、本作で主人公ウエイド(タイ・シェリダン)と共に大冒険をするサマンサ役を演じたオリビアが、スピルバーグ監督が手がける超大作に大抜擢された時の秘話を告白した。

「オーディションでひどい演技をした」と思っていたのに…

「私はオーディションで本当にひどい演技をしたなと思ったわ」とオリビア。「いつもはオーディションで失敗することはあまりないんだけどね(笑)それから数日後、洗濯をしていたら、私のエージェント全員から電話が来たの。そういう時はとてもいいニュースか悪いニュースのどちらかなのだけど、そこで役が決まったことを聞いたの。その瞬間、幸せを感じると同時にちょっと気持ち悪くなったわ。『一体このあとどうすればいいの?彼らは間違った女の子を雇ったわ!』ってね(笑)」と、自身でも驚いたという瞬間の興奮をふり返って語る。

オリビアの演じるサマンサは、ウェイドと共に、新世代VR世界[オアシス]と現実の世界で壮大なアドベンチャーを繰り広げていく。[オアシス]の創設者ハリデー(マーク・ライランス)が仕掛けた3つの謎を解き明かし、ハリデーの遺産56兆円と「オアシス」そのものを手に入れるために、地球規模の争奪戦に挑むのだ。

現実でもアバターでも「自分に忠実で誠実な」女性に

現実でも[オアシス]でも、サマンサはかなり強気な女の子。ウェイドたちを妨害しようと、常に彼らの前に立ちはだかる巨大企業IOIらの妨害にもめげず、少し気弱になっているウェイドに対しても「もうやるしかないよね!」と発破をかけるほど。

そんなサマンサだが、時折見せる弱さも合わせ持っている。この役柄に関してオリビアは、「彼女はIOIの奴らを容赦なく叩きのめすの。彼女は[オアシス]の中ではかなりの要注意人物かもね(笑)」と分析、「アルテミス([オアシス]内でのサマンサのアバター)の個性は現実のサマンサに忠実なの。現実の世界でも、VRの世界でも、彼女は自分に忠実で誠実なのよ」と語り、裏表のないストレートな性格の女性であること明かしている。

そして、オリビアと演じたサマンサにもある共通点が。「子どものころ、私はよくキャンプをしたわ。そこで私は山からロープを使って降下することや、ロック・クライミング、カヌー、そしてトンネリング(とても狭い場所を通過すること)、スカイダイビングなんかもやったわ。私は運動好きで、冒険好きの子どもだったのよ。ちょっとアドレナリン・ジャンキーだったのかな(笑)限界を押し広げるのが好きなの」と、意外な素顔を激白。

可愛らしい外見とは裏腹に、アドベンチャー好きだったオリビア。彼女曰く失敗だったというオーディションだったが、監督のスピルバーグは彼女の心の底にある“冒険心”を見抜いていたのかもしれない。

『レディ・プレイヤー1』は4月20日(金)より全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)

■関連作品:
レディ・プレイヤー1 2018年4月20日より全国にて公開
© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.