くらし情報『アニメ強しの春休み!激戦を制するのはドラえもんかピクサーか?それとも、赤ちゃん!?』

アニメ強しの春休み!激戦を制するのはドラえもんかピクサーか?それとも、赤ちゃん!?

2018年3月29日 19:15
 

Photo by cinemacafe.net

学生たちが本格的に春休みに突入した3月24日(土)~25日(日)週、すでに3週連続1位を獲得している『映画ドラえもん』やアカデミー賞2部門受賞のディズニー/ピクサー『リメンバー・ミー』を抑えて、週末観客動員ランキング初登場1位を獲得したのは、見た目は“赤ちゃん”、中身は“おっさん”が主人公の『ボス・ベイビー』!しかも、公開7日間で早くも10億円を突破する、ちょっとした“事件”となっている。GWや夏休みと並んでアニメ激戦区となる春休み、“おっさん赤ちゃん”は台風の目となるのだろうか!?

大泉洋長澤まさみ参戦!星野源の曲も涙腺を刺激『映画ドラえもん

今回で38作目を迎え、新声優陣になってからは13作目となる長編映画シリーズの最新作『映画ドラえもんのび太の宝島』。ゲスト声優には大泉洋長澤まさみ高橋茂雄サバンナ)、主題歌と挿入歌は星野源が担当と豪華な布陣。しかも、脚本は『君の名は。』『バケモノの子』などの仕掛け人として知られ、映画化もされた小説「世界から猫が消えたなら」などで知られる映画プロデューサー・川村元気だ。

川村さんは藤子・F・不二雄を尊敬してやまないというだけに、大冒険と友情、親子愛を巧みに織り交ぜつつ、懐かしい秘密道具の登場や親子の確執など、大人のツボも抑えた展開を作り上げた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.