くらし情報『詐欺師・大佐・ドS…ディーン・フジオカの醸し出す色気にやられるワケ』

2018年4月2日 07:45

詐欺師・大佐・ドS…ディーン・フジオカの醸し出す色気にやられるワケ

Photo by cinemacafe.net

甘さの中にシャープさも秘めた顔立ちに、180cmの長身。5言語を操る語学力に、俳優としてミュージシャンとして活躍するマルチプレイヤーぶり。NHK連続テレビ小説あさが来た」でのブレイクから3年、大勢の女性をうっとりさせる“おディーン様”ことディーン・フジオカの勢いはいまも健在だ。

千葉県の高校を卒業後、シアトルに留学したディーンさんは、卒業後まもなくアジアの国々を巡り、香港でモデル活動を開始。2005年、香港映画『八月の物語』の主演に抜擢され、俳優としての道を歩み始めた。その後、拠点を台湾に移して数々のドラマや映画に出演。一方、ミュージシャン活動やクリエイター業にも意欲を見せていく。

日本でも「あのイケメンは誰?」の声が聞こえ始めたのは、監督と主演を兼ねた日本映画『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』(2013年)や門脇麦道端ジェシカ共演の『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』(2014年)の頃から。しかし、やはりディーンさんが逆輸入俳優として大きな注目を集めたのは、前述の「あさが来た」で演じた五代役あってのことだろう。主人公のあさを導く実業家・五代友厚が女性視聴者のハートをつかみ、出演終了時に“五代ロス”が起きたのは今更おさらいするまでもない周知の事実だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.