くらし情報『GReeeeNが脚本! 横浜流星を主演に名曲「愛唄」映画化』

GReeeeNが脚本! 横浜流星を主演に名曲「愛唄」映画化

2018年4月9日 06:00
 

Photo by cinemacafe.net

松坂桃李菅田将暉を主演に迎え、爽やかな青春と感動で日本中を席巻し大ヒットを記録した『キセキ ーあの日のソビトー』映画プロジェクト第2弾が、この度ついに始動。

『兄友』『虹色デイズ』と、主演作が続く現在最注目の若手俳優・横浜流星を主演に迎え、「GReeeeN」最初のメガヒット曲にして伝説の名曲「愛唄」を映画化することが明らかとなった。併せて、横浜さんと脚本「GReeeeN」からコメントも到着した。

2007年のメジャーデビューから一貫して10代のココロと記臆に唄を刻み続けた「GReeeeN」が脚本デビューし、珠玉の感動物語を届ける本作。名曲「愛唄」への想いを、彼ら自身が新たに描き出した、あらゆる愛の形を見せる感動の物語となっている。

■期待の新星・横浜流星が主演決定

物語の主人公を演じるのは自他共に認める「GReeeeN」の大ファン、横浜さん。『キセキ ーあの日のソビトー』にも出演しており「GReeeeN」メンバーのナビ役を好演した。

監督は『のだめカンタービレ最終楽章 後編』『海月姫』の川村泰祐、音楽は『キセキ ーあの日のソビトー』で日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞したJINが続投し、本作を盛り上げる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.