くらし情報『【シネマ羅針盤】渡辺直美&ブルゾンちえみ&ゆりやん…洋画宣伝に女芸人が活躍 理由は?』

2018年4月9日 07:30

【シネマ羅針盤】渡辺直美&ブルゾンちえみ&ゆりやん…洋画宣伝に女芸人が活躍 理由は?

Photo by cinemacafe.net

ハリウッド映画の吹替え版声優や“応援隊長”として起用される日本人タレント。その人選に賛否が集まることもしばしばだが、洋画宣伝に欠かせない存在であることに変わりはない。特に現在、映画界で重宝されているのが、テレビで活躍するピンの女性芸人たちだ。

■ブルゾンちえみ、コメント寄せた『グレイテスト・ショーマン』は“35億”超え

昨年大ブレイクした勢いが持続しているブルゾンちえみさんは、今年1月に公開されたディザスター超大作『ジオストーム』で吹き替え声優に初挑戦し、準主役級の役どころを見事に演じた。また、大ヒット公開中の『グレイテスト・ショーマン』の応援上映PRにコメントを寄せ、同作の興収“35億”円超えに花を添えたばかりだ。

昨年末に出場した「女芸人No.1決定戦 THE W」で見事優勝したゆりやんレトリィバァさんは、1月に公開された『キングスマン:ゴールデン・サークル』のPRイベントに登場し、スパイ組織キングスマンの“日本支部長”に名乗りを上げた。現在公開中のSF大作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』日本語吹替え版では、ゲスト声優を務めており、来日したリュック・ベッソン監督との絡みが話題になったのも記憶に新しい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.