くらし情報『【インタビュー】バーテンダー&工事現場を経て俳優へ――クリント・イーストウッドの息子スコットのストイックな一面』

2018年4月10日 09:15

【インタビュー】バーテンダー&工事現場を経て俳優へ――クリント・イーストウッドの息子スコットのストイックな一面

Photo by cinemacafe.net

『パシフィック・リム:アップライジング』の劇中でジョン・ボイエガ演じる主人公のジェイクが、イェーガー(人型巨大兵器)のパイロット仲間であり、旧知の間柄にあるネイトのことを「あいつはプリティで、ハンサムで、セクシーだから」などとぼやく。そのネイトを演じるのは、スコット・イーストウッド。なるほど。目の前の彼は確かに、ジェイクがぼやくのも納得のハンサムガイだ。「そんな風に言われる男を演じるのは最高!いや、冗談だよ。でも、人に茶化されるようなシーンは意外と楽しいもの。というより、楽しんで演じなきゃ損だよ」と、完璧な笑顔で完璧な回答を口にする。

『パシフィック・リム』の10年後を描いた『パシフィック・リム:アップライジング』で、ネイトは若手パイロットたちの育成に励んでいる。狂暴なKAIJU(怪獣)に立ち向かうヒーローであり、若者にとっての師であり。「ちょっとカッコよすぎるキャラクターだよね」と笑うスコットだが、ネイト役には自然と同化できたそうだ。「彼はパイロットで、僕もパイロットの免許を持っている。だから、通ずるものは感じたよ。ただし、ネイトはすごく厳格で、名誉を重んじること、正義を貫くこと、最後まで戦うことを象徴するキャラクターでもある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.