くらし情報『ありがとう、大杉漣 たくさんの愛に満ちた「お別れの会“さらば!ゴンタクレ”」が開催』

2018年4月14日 13:54

ありがとう、大杉漣 たくさんの愛に満ちた「お別れの会“さらば!ゴンタクレ”」が開催

Photo by cinemacafe.net

2月21日に急逝した俳優・大杉漣の「大杉漣 お別れの会“さらば!ゴンタクレ”」が4月14日(土)、青山斎場で行われるにあたり、メディアに向けての会場内および祭壇、ファンブース撮影などの取材の場が設けられた。

大杉さんと関わりのあった関係者ほか、「応援してくださったファンの皆さまへ」感謝の気持ちを込めて、笑顔になるような会にしたいという気持ちを込めて催された「大杉漣 お別れの会“さらば!ゴンタクレ”」。タイトルに込められた「“さらば!ゴンタクレ”」の「ゴンタクレ」とは、大杉さんの著書「ゴンタクレが行く」から取ったもの。ゴンタクレとは、「“悪者”“ごろつき”などを指す“ごんた(権太)”に由来した言葉で“きかんぼう”“悪ガキ”“わがまま”という意味で使われる徳島地方の阿波弁」だという。遊び心が利いており、チャーミングな大杉さんらしい、会の名前だ。

祭壇はメインの場所以外に、待合所、ファンの方の献花台と、全部で3つ用意されており、それぞれに息子で写真家の大杉隼平によって撮られた遺影がたたずんでいた。メインの祭壇の遺影は、「事務所で宣材写真を撮るときに“ちょっと撮ってみましょうか?”と撮ったもの」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.