くらし情報『『ブラックパンサー』全世界興収歴代9位に!人気の秘密に迫るボーナス映像解禁』

『ブラックパンサー』全世界興収歴代9位に!人気の秘密に迫るボーナス映像解禁

2018年5月17日 12:00
 

Photo by cinemacafe.net

全米で空前の大ヒット、全世界の映画業界をにぎわせたマーベル・スタジオ製作の超話題作『ブラックパンサー』。全世界歴代興行収入ではついに『ハリー・ポッターと死の秘宝PART 2』を上回り、歴代9位となった本作から、このたび、人気の秘密に迫る2つのボーナス映像が解禁された。

先日発表された、全米最大級の映画とテレビの祭典「MTVムービー&TVアワード」では、最優秀賞を含む最多7部門にノミネートされた本作。全世界歴代興行収入は歴代9位となり、マーベル・スタジオ制作の単体ヒーロー作品としては、史上最大の興行収入を達成。今年4月に35年ぶりに映画が解禁されたサウジアラビアでは、記念すべき上映1作目に本作が選ばれた。さらにアメリカでは、ミシェル・オバマ元大統領夫人が「私も映画がとても気に入りました。この作品はあらゆるバックグラウンドの人々が内なる勇気を見いだし、それぞれの人生でヒーローとなるインスピレーションを与えてくれるはずです」とSNSに投稿するなど、世界中で話題となっている。

■「ブラックパンサー」誕生時の秘話が明らかに

解禁となった1つ目のボーナス映像は、原作者であるマーベル・コミックライターのドン・マクレガーや作品の制作陣が、「ブラックパンサー」誕生を振り返る貴重な映像。1966年にマーベル・コミックに初登場した「ブラックパンサー」がシリーズ化したのは1970年代。当時はアメリカの社会情勢が不安定だった上に、コミック読者も白人男性読者が多く、ブラックパンサーのようなアフリカ系のスーパーヒーローは類を見ない斬新なアイディアだった。

「当時アフリカ系のキャラクターは少なかった。いまとは事情が違う。重要なキャラクターではなかったし、すぐ終わるだろうと思われていた。好きなように書けたのは、上層部の人間に読む暇がなかったからだ。3~4巻目で彼らが気づいた時は、話が続いていたのでやめさせるには遅すぎた」とマクレガーはふり返る。当時から革新的な作品だったブラックパンサーは、初登場から50年たったいまでも新作が出版されるほどの、人種と文化の境界線を越えた人気キャラクターとなったのである。

■現代社会にも通じる架空の王国“ワカンダ”の設定とは?

さらにもう1つのボーナス映像は、制作陣や豪華キャスト陣が、本作の舞台となっているワカンダ王国について説明する映像。ワカンダはアフリカにある架空の王国で、複数の部族が共存し、豊富な資源と先進的な技術を保有している。チャドウィック・ボーズマン演じる国王ティ・チャラが、ワカンダの資源と技術を世界に広めるべきか苦悩する様子が描かれるが、エムバク役のウィンストン・デュークはそれについて、「ワカンダは数百年間、一般社会の外で生きてきた。だがグローバル化の波を受け、外の世界に働きかけるかもしれない」と話す。

また、衣装デザイナーのルース・カーターは、「現実に直結した物語よ。互いの理解を深める必要がある。私たちは文化の違いを取り戻すべきなの。今を共に生きているのだから」と言い、まさにグローバル化に直面している世界の状況が表現されているなど、現代社会にも通じる問題にフォーカスしていることが、世界中の関心を集めた要因のひとつといえる。

マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギも「こうしてブラックパンサーを映画スクリーンで描くことが出来ることに、私たちは大きな興奮を覚えています」と語る本作。

今回解禁となった映像のほかにも、MovieNEXには制作の舞台裏や未公開シーン、キャスト陣のインタビューまで盛りだくさんのボーナス映像が収録されている。劇場のスクリーンでは絶対見ることができない貴重な映像も含まれており、『ブラックパンサー』の世界観をとことん楽しめそうだ。

『ブラックパンサー』は7月4日(水)よりMovieNEXと4K UHD MovieNEX、4K UHD MovieNEXプレミアムBOX(数量限定)リリース、6月6日(水)より先行デジタル配信開始。

(text:cinemacafe.net)

■関連作品:
ブラックパンサー 2018年3月1日より全国にて公開
© Marvel Studios 2017 MARVEL-JAPAN.JP/blackpanther

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.