くらし情報『ダメ男がヒーローになる瞬間…『ボストン ストロング』“最も涙するシーン”公開』

ダメ男がヒーローになる瞬間…『ボストン ストロング』“最も涙するシーン”公開

2018年5月17日 17:00
 

Photo by cinemacafe.net

ボストンマラソン爆弾テロ事件で両脚を失いながらも、“ボストンのヒーロー”と呼ばれた男の実話を描いた、ジェイク・ギレンホール主演・プロデュース作『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』。このほど、ジワジワと口コミで感動を呼んでいる本作から、号泣必至の本編シーンがシネマカフェに到着した。

2013年に起こったボストンマラソン爆弾テロ事件の被害にあった、ジェフ・ボーマンの実話を映画化した本作。テロに巻き込まれ、両脚を失ったボーマンは「ボストンストロング」というスローガンの象徴として脚光を浴びるが、彼自身はPTSDやプレッシャーなど様々な困難を抱えていて…。

■口コミで感動拡散!鑑賞者が“最も涙したシーン”公開

到着した映像では、悲劇的なテロに見舞われたボストン復興の象徴・ヒーローとして脚光を浴びたジェフ(ジェイク・ギレンホール)が、「ボストンストロング」というスローガンが生まれるキッカケとなった、街を代表するメジャーリーグ球団ボストン・レッドソックスに招かれて始球式を行った直後のシーンが映し出される。

始球式終了後、多くのファンに囲まれてごった返すジェフの元に、ラリーという名の1人の男性が走って駆けつける。彼は、ジェフが始球式で投げる姿を見て“俺たちは誰にも負けない”という強い想いを感じ、勇気づけられたことへの感謝の礼をジェフに伝えにきたのだ。

ヒーローとして祭り上げられることは、苦痛でしかなかったジェフ。しかし、そんな自分の姿を見て勇気づけられたラリーの感謝の言葉は、ジェフ自身を勇気づけることにもなった。ジェフは自分からラリーに手を差し伸べて握手を交わし、「必ずうまくいくよ。僕は大丈夫だ。あなたも」と言葉を送っている。

実はこのシーン、映画公開に先立って行われた試写会はもちろん、劇場鑑賞者から最も”涙した”として多くの感想があがった、本作きっての感動シーン。また、公開直前に行ったイベントにゲスト登壇した芸人・おばたのお兄さんも「勝手に作り上げられたヒーローとして、周りが勇気づけられていたのが、(このシーンでは)自分から勇気づけにいった。ここで(ジェフが真のヒーローに)変わったんだなと、すごく胸打たれました」と、笑い一切ナシで真面目に熱く語ったほど。そんな“心震える感動シーン”を、ここから確かめてみて。

『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』はTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開中。

(text:cinemacafe.net)

■関連作品:
ボストン ストロング〜ダメな僕だから英雄になれた〜 2018年5月11日より全国にて公開
© 2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.