くらし情報『綾瀬はるか&広瀬すずら“四姉妹”を描く是枝監督作『海街diary』6月9日に地上波放送』

綾瀬はるか&広瀬すずら“四姉妹”を描く是枝監督作『海街diary』6月9日に地上波放送

2018年5月17日 19:30
 

関連リンク

・宇宙人が地球に来たことがあると信じる人は77%! その真相に迫る注目作とは?
・松坂桃李主演『娼年』応援上映開催にファン困惑と期待「カオスな予感しかしない」
・やりたい放題のデッドプール、今度は“赤い悪魔”マンUを乗っ取り!?
Photo by cinemacafe.net

是枝裕和監督最新作『万引き家族』の公開を記念して、監督が手掛けた2015年公開の映画『海街diary』を、6月9日(土)フジテレビ系「土曜プレミアム」枠にて放送することが決定した。

日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作『海街diary』放送

今回放送が決定した『海街diary』は、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、マンガ大賞2013を受賞した吉田秋生のベストセラーコミックを、『そして父になる』『三度目の殺人』の是枝監督が映画化したもの。家族を捨てた父が、のこしてくれた家族。海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく、深く心に響く、家族の物語だ。

物語の中心となる“四姉妹”を、綾瀬はるか(長女)、長澤まさみ(次女)、夏帆(三女)、広瀬すず(四女/異母妹)が演じることでも話題となった本作。ほかにも大竹しのぶ堤真一風吹ジュンリリー・フランキーら豪華キャストたちが脇を固めた。

なお本作は、「毎日映画コンクール」で綾瀬さんと長澤さんが女優主演賞&助演賞をW受賞したほか、第39回日本アカデミー賞では最優秀作品賞、監督賞を含む最多4冠を獲得。第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でも公式上映された。

是枝監督最新作! 『万引き家族』公開

そして、『海街diary』放送の前日6月8日(金)からは、第71回カンヌ国際映画祭「コンペティション」部門に正式出品された是枝監督最新作『万引き家族』が公開。様々な“家族のかたち”を描き続けてきた監督が手掛ける本作は、「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語る渾身の一作。

犯罪で生計をたて、ひっそりと暮らしている家族を描く本作。父・治をリリー・フランキー、妻・信代を安藤サクラ、彼女の妹・亜紀を松岡茉優、祖母・初枝を樹木希林が演じるほか、池松壮亮高良健吾池脇千鶴ら若手実力派俳優が参加している。

『海街diary』は6月9日(土)21時~フジテレビ系にて放送(一部地域を除く)。

『万引き家族』は6月8日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開。(cinemacafe.net)

■関連作品:
海街diary 2015年6月13日より全国にて公開
© 2015吉田秋生・小学館/フジテレビジョン小学館東宝ギャガ
万引き家族 2018年6月8日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開
© 2018フジテレビジョンギャガAOI Pro.

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.